BMW TUNING PRODUCTS
AERODYNAMICS

AERODYNAMICS

LAPTORRで開発しています。
エアロダイナミクス効果のあるパフォーマンスパーツとしてクーリングのための流れを活かしながらダウンフォースの強化と空気抵抗を抑えることを細部まで拘って設計しています。
※画像はマスターのデザイン中です。完成品は9月を予定しています。
フロントスポイラー
フロントアンダーパネルによるダウンフォースを大きく得るための形状になっていることと、クーリングダクトへのエア誘導を強化しています。
サイドパネル
前後タイヤの前方に位置してワイドタイヤ装着によるハミ出した部分の空気抵抗を抑えます。
サイドパネルの反り角度は綿密に計算されたもので、気流を発生させてホイールハウス内の引き抜き効果に寄与しています。
フロントアンダーパネル
このパネルがフロントのダウンフォースを発生させている重要なパネルです。
クーリングダクトの開口角度を変更して抜けやすいようにしています。
サイドステップ
張り出したステップがボディの側面から底面へ流れ込む空気の流れを抑えてダウンフォースを安定させます。
フロントホイールハウス内のクーリングとフロント廻りのエアをサイドステップのグルーヴが引き抜いてダウンフォースを促進しています。
ディフューザー

デフの冷却を損ねないようにフロントから流れるエアを整流します。

AERODYNAMICS

AERODYNAMICS

AERODYNAMICS

AERODYNAMICS

AERODYNAMICS

0 comments

Leave a comment

Previous

FOOT WORK

FOOT WORK